いままでの失敗をリベンジする、友達を1人も誘わないオンラインビジネス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネス被害の概念
ネットワークビジネスの被害にあったと訴える方、
もしくは、消費者センターに相談される方には、下記のようなことが考えられると思うのです。
imageCAQ6V35O.jpg


商品に対する被害・商品がお粗末で、セミナーで聞いた話と全く違う
・化粧品などは、発赤、かぶれなどの症状
・健康食品なら、飲んでも全く変わらない
・耐久品では、故障やメンテナンス

ビジネスに対する被害・稼げる儲かると言って儲からない
・約束の日にコミッションが振り込まれない

並べるときりがありませんから大きな項目からですと上記のような内容かと思います。

ネットワークビジネスの被害としての一番の原因は
「オーバートーク」にあるのではないかと思います。

●●●セミナーと題して、集客して行われるセミナー
そこには一種独特の雰囲気とスタイルがある。
  
会場費500円、自主運営のため
セミナー講師  ●●タイトルの●●●さん
セミナーは2部構成   1部は商品説明 2部はビジネスプラン
最後に、体験談 1人目、商品体験談  2人目 ビジネス体験談


こんなセミナーをどれだけ参加してきたことでしょうか?
恥ずかしながら・・・

今は冷静な判断ができますが、最初の頃は
セミナー終了のころになるとしっかり洗脳されていました。

まさに、自分自身がすでに成功者のように成った気持ちです。

しかし1カ月、2カ月・・・・と経つうちに
様々な疑問がわいてきます。

製品の体感
思うように進まないリクルート活動
負担になるセミナー動員
アップからの執拗にかかってくる電話                  

あ~もうたくさん・・・・

この気持ちが苦情と成り、ネットワークビジネスの被害者という意識になるのではないでしょうか?

しかし、本当にあなたがもっとも負担に感じる下記
・リクルート活動
・セミナー動員
・電話アポ
・顧客リストアップ

このような活動が必要なのでしょうか?
それはどうも間違っているように思われます。

もっと気楽にもっと楽しく手も良いのではないですか?
苦しみながら。被害者意識を持ちながら

本当に必要なのでしょうか?

あなたのやり方は間違っています

被害者にも加害者にも成らずにビジネスに参加する方法

もっと気楽にビジネスを選択するための知識を得る必要があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ネットワークビジネス初心者とMLM被害者が成功できる やさしい在宅ワーク. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。