いままでの失敗をリベンジする、友達を1人も誘わないオンラインビジネス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネス=悪徳商法
タイトルのように思っている方はまだまだたくさんいらっしゃるようですね。
cafe2.gif

ちょっとコーヒーでも飲みながら、検証してみたいのですが・・・

ネットワークビジネス(MLM)とは、ただの流通形態にすぎません。
それが、どうして今も尚、毛嫌いされているのでしょうか?


私の周りには、国民年金の受給しかされない、団塊世代の人たちが
たくさんMLMに携わっています。

これはある意味、喜ばしいことだと思います。

なぜなら、この世代の人たちは、働く場がありませんし、
国民年金だけでは到底生活してはいけません。

MLMをよ~く理解すれば、いまさら「ネズミ講」などという言葉は出てこないはずなんですね。

まず基本は流通形態です。
 
商品を購入する方法としては
先ず、店頭販売されているものを購入するのが一般的です。

そこには、
メーカー
商社
1次問屋
2次問屋
といったルートで一般消費者に届けられますが、


メーカーから直接買えるのがMLMです。

そこには中間マージンや広告費が入りませんから
当然、一般消費者の方が購入するきっかけを作ってくれた方に
マージンが入るのが当然です。
ですから、購入者から吸い上げられるといった発想は間違いです。

悪徳商法、ネズミ講といわれるゆえんは・・・

欲しくもないもの、必要に感じないものを、仕方なく付き合いで購入させられた
という、気持ちが被害者意識に成ります。

ですから、必要でないものは購入しないという気持ちが必要です。

ビジネスとして取り組む方は、当然口コミで、知り合いをたどって
あなたに行きつきます。

昔から、口コミで販売されているものは皆敬遠されます。
例えば生命保険などもそうです。

しかしそれを必要と感じている方からは、感謝されることがあっても敬遠されることはありません。

この被害を避けるためには、

MLMで物を購入する場合、
自分の中できちんと確認することです。

・製品が自分にとって本当に必要なのか?(一般ユーザーとして参加)
・目的を決定して参加する。
  ビジネスとして参加するか、消費者として参加するか?

特にビジネスとして参加する場合は、あまり大きな話に踊らされないことです。

月収何十万とか何百万とか・・・・

そう簡単に稼げるものではありません。

なんにでも言えることですが、細く長く続けることです。
単発で稼ぐものではなく、永続的に収入を確保するのが目的です。

もう一度、基本から確認してビジネスとしてとらえる方は
是非とも無料セミナーを受講してみてください。


無料成功セミナーはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ネットワークビジネス初心者とMLM被害者が成功できる やさしい在宅ワーク. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。